小児科看護師のおシゴトNAVI

小児科看護師のおシゴトNAVI

小児科の看護師になるには

小児科看護師になるための条件には特別ありません。看護師免許を持っている人であれば、誰でも仕事できます。しかしもしほかの診療科目から転職するのであれば、今までの看護業務とは勝手が違うと思った方がいいでしょう。小児科はほかの診療科とは異なる特徴を持っているので、小児科に対して関心を持つことが求められます。

 

小児科看護師になるためには、病院の規模にも着目する必要があります。民間病院の小児科を見てみると、それほど重症の患者がやってくることは少ないです。季節によって患者の数が異なります。冬になると、インフルエンザやノロウィルスのような感染症にかかる患者が増えるので患者を早く案内できるように手際の良さが要求されます。

 

大学病院や専門病院となると、慢性的な患者や重度疾患を抱えている患者が多くいます。このため、急変なども起こる可能性もあるので専門性の高いスキルが要求されます。いずれにせよ、一から勉強し直す姿勢が求められます。

 

小児科で働く看護師に必要なスキル

成人した患者の場合、自分で病状などをある程度伝えられるだけのボキャブラリーを持っています。しかし子供の場合、ボキャブラリーがまだそれほどではないのでなかなか自分の状況を伝えられないこともあります。新生児にいたっては言葉が話せないので、なおさらです。このような声にならない情報をいかに汲み取って上げられるかが看護師には求められていると思ってください。

 

たとえば、バイタルサインなどはしっかりとチェックして、いつもと変わったところがないか確認することです。また言葉ではうまく伝えられなくても、その表情を見ることで異変を察知できるかもしれません。そこで表情の変化などもしっかりと確認できるようにしておきましょう。

 

小児科看護師にとって観察力は何よりも必要です。子供はまだ完ぺきに体が発達していないので、ちょっとしたことでも容体は急変します。しかもその急変に対する耐性も低いので、異変に速く気がついてあげられないといけないわけです。

 

まだ看護師としての経験が浅く、こういったスキルに自信がないという方は、まず派遣看護師として働いてみるという手もあります。働く時間を短くして、独学やセミナーへの参加に時間を充てるわけです。

 

ひとまず、派遣ナースの近年の求人傾向を看護師派遣【単発・短期の人気求人はこちら】で確認しておくとよいでしょう。

 

小児科看護師と保護者との関係

小児科看護師は子供のケアを行いますが、同時に保護者との信頼関係を構築することにも重点を置く必要があります。保護者にとって、自分の子供が重たい病気にかかっている、よくわからないけれども苦しんでいるとなると非常に不安定な精神状態になります。「本当に治るのか?」「後遺症は残らないのか?」いろいろな不安が巻き起こります。

 

このような保護者の精神面でのケアをするのが看護師の役割です。保護者の精神状態が不安定になっていると、それは普段接している子供にも伝わってしまいます。その結果、子どもの精神も不安定になって、体調を悪化させる可能性も十分考えられます。

 

保護者のメンタルのケアを行う、現在子供がどのような状況でこれからどのような処置を行うか説明することはとても大事です。保護者と協力関係を築いて、一緒になって子供の病気を治そうという姿勢を見せることが小児科看護師には求められます。協力関係があれば、両親に対して前向きな気持ちも持たせることも可能です。