小児病棟での仕事 | 小児科看護師のおシゴトNAVI

小児科看護師のおシゴトNAVI

小児病棟での仕事

小児科の看護師の中には小児病棟で勤務している人もいます。小児患者の中には、いろいろな人がいます。骨折をはじめとする急性疾患からアレルギーなどの慢性疾患を抱えた患者もいます。さらに小児がんのような重篤な症状を抱えている人もいれば、発達障害のような先天性疾患の患者もいます。このようないろいろな患者のケアを行っていくのが、小児病棟の看護師の仕事です。

 

基本的な仕事内容はほかの病棟と違いはありません。医者の診療補助や急変時の対応、両親が見舞いに来るでしょうがそのケアを担当します。また小児病棟ならではの業務として発育状態の見極めも看護師の重要な業務になります。

 

最近では小児科の医師不足というのがニュースでもいろいろと指摘されています。このため小児病棟の看護師の役割が広がってきているようです。ですから専門性が要求される可能性はあります。一方で他の入院病棟では行う介助に関しては、患者の母親が行うことが多いのでやる必要はないようです。